読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新規は古参に勝てないのか

 

 

何かしらのオタクをやっていると、新規・新参・古参・古株etc.のような単語を聞くと思います。そして新規と古参の言い争いがよく起こってますよね。既に多くの議論がなされてるのでわたしなんかが取り立てて語ることもないんですけど。最近よく考えちゃうので吐き出し口に。

 

わたしは元々2次元オタクだったんですけど、最近3次元の舞台俳優にハマってしまって、いわゆる「新規」の立場でモノを考えるようになりました。

 

 

いや~~~~~しんどい

もう、めっちゃしんどい

タイトルの新規は古参に勝てないのかって、結論から言ってしまうと勝てないとわたしは思ってます。特に舞台俳優界隈は。

2次元の場合はまだ対抗できた。漫画原作のアニメにハマっても、原作揃えて読んだら"ニワカ"ではなくなるし、原作厨ともある程度は会話できるじゃないですか。無機物だし、時間が経っても漫画は漫画として変わらないまま存在するから。たま~にweb漫画が元になったアニメ(WORKING!!!とか)だとサイトから消された話とかあって新規には分からない設定とかあるんだけど、そういうのは例外として。

 

でも3次元はそうはいかないんですよ。俳優って当たり前だけど歳とるじゃないですか。10年前の推しにわたしは会えない。でも10年前に推しを応援してた人(古参)は会ってる。その当時の推しの支えになってる。

ドラマや映画ならDVDを見れば当時のオタクとまあだいたい同じ量の情報は得られる。でも舞台だと?ライヴだと?イベントだと? DVD化されたとしてもそれは一公演だけで、ドラマと違って公演ごとに違った演出やハプニングがあって、でもそれはDVDでは知ることはできない。実際に観に行かないと分からないことがたくさんある。古参と新規では推しに対して知ってる情報量が違いすぎる。推しと過ごした時間とか経験とか、全然敵わないんだ~~~

 

ただただ悲しいし悔しいです。だからわたしはこれからは、推しの舞台はできる限り見に行くしお金も落とす。今の推しは今しか見れないから。

 

新規と古参の話をしてきたけど、結局新規でも古参でもその人の人間性で仲良くできたりできなかったりですよね。わたしはどうしても比べちゃって劣等感抱いてしまうから同厨の古参の方とは仲良くなれませんが。

 

どんどん言ってることにまとまりがなくなっているのでやめます。ここまで読んでくださってありがとうございました。

最後は阿久津愼太郎くんの名言で締めようと思います。

 

『新規がいなけりゃ、先がない。古参がいなけりゃ、今はない。』