読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20170403

 

わたしは自分の意見を持たない子供だった。

幼稚園の頃の将来の夢は図書館司書だった。なぜなら母親が図書館司書は良い職業だって言っていたから。でも幼稚園の年長さんの時、将来の夢を絵に描いてみましょうって言われて困ったことがあった。図書館司書なんて何をする人か知らないのに絵に表せるわけないからだ。だからわたしは隣の子がケーキ屋さんの絵を描いてるのを見て、真似して描いて、「将来の夢はケーキ屋さんです」って言った。
小学生の頃の夢は公務員。これも母親が公務員はいいぞって言っていたから。そしてまた困ったことがあった。卒業文集に載せるから将来の夢について作文を書きなさいっていう良くあるやつ。ここでもわたしは公務員が何をする人かも知らなくて、なんか安定した職業だってことは母が言っていたけれど、安定した職業の意味がそもそも分からなかった。わたしの周りはキラキラした夢を持っている子が多くて、希望に満ちた文を書いていた。それが求められている文章なんだなって思った。だからわたしの卒業文集には「将来の夢はパティシエです」って書かれている。

小学生の時に流行ったドラマに、花より男子野ブタをプロデュース・ごくせんなどがある。そのどれもにはイケメンと呼ばれる俳優が複数人いて、クラスでは誰が1番好きかなんて話題で盛り上がった。でもわたしには分からなかった。誰がイケメンなのかが。だから多数派の意見に従っていた。すなわち、亀梨と赤西の顔が見分けられない状態で「亀梨かっこいい」と言っていた。それが正解だと分かったから。当時のわたしにとって正解とはみんなと同じってことだった。そして、それが正解だと分かったら、本当に亀梨の方が格好良く見えた。

間違えることが何よりも嫌いだった。今もだけど。正解を示してほしい。そうすれば、何も迷うことなく進んでいけるのに。


閑話休題

 

どの人をイケメンだと思うか、好きだと感じるかって主観でしかない。正解なんてない。そう気付いたのはいつだったか。いや、知っていたけどそれでも正解を求めていたのか。
わたしは今、好きな俳優がいる。周りにその俳優を好きな人はいないし、なんなら名前を言っても誰それ?となると思う。ちゃんと、自分の意思で、その人をかっこいいと思い、応援したいと思った。これは昔なら考えられなかったことだ。進歩。

好きな人のことを好きだって堂々と言えるってとても幸せなことだと思う。そしてそれを手紙で、イベントで、伝えることもできる。
わたしは臆病でプライドばっかり高くて、誰かを好きになってもなかなか好きだって言えなかった。でも今は違う。好きだって周りの人に言いたい、彼に直接伝えたい、叫びたい。わたしは貴方のおかげで幸せだよ。


------------
っていうまだ書き途中のメモ。久しぶりに推しの舞台を観に行ったら面白くなさすぎて悲しくなったのでメモを最後まで完成させる気力がなくなりました。貴方のおかげで幸せ?違う。貴方のせいで憂鬱です。次は面白いストレートの舞台に出てくださいお願いします。