読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20170318

 

若手俳優についてのグループに入ったらアクセス数が今まで見たことない数になっててびっくりしました。カテゴリ設定してるのでこの記事はそんなに読まれることはないと思うので気軽に書きます。

なんだか最近もやもやするなってだけで大した話ではないんだけど。そもそも大した話ができるとも自分で思ってないけどね。


親友って言葉が苦手です。

ああなるほどね、友達いないんだね、って思われたらもう元も子もないんですけど。友達はいます。むしろわたしはわりと誰とでも分け隔てなく仲良くする方(だと信じてる)ので、友達が少ないわけではありません(たぶん)。でも、親友って呼べる人はほとんどいません。大学に入ってからできた友人の中では0です。
これはわたしが友人たちを切り捨ててるわけではなくて、友人にはそれぞれ1番仲のいい友人(いわゆる親友みたいなの)がいます。TwitterとかInstagramとかで、「○○と遊んだー!〇〇といるのが一番楽しいー😆💓」みたいな投稿よく見るじゃないですか。
でもわたしはその〇〇に当てはまったことってないんですよね。その投稿を見る度に、(ああ、この子は友人関係に順位付けるタイプなんだ。そんでわたしはこの子の中で2番手以下なんだ。)って思います。それからはその投稿をした子と会う時は、(今この子はわたしと一緒にいるけど一番楽しいわけじゃないんだな。〇〇ちゃんと遊ぶよりは劣ってる時間を過ごしてるんだな。)って思います。卑屈だから。ひねくれてるからね。

わたしは誰の一番にもなれないんだな、悲しいなって話がしたいわけではないです。断じて。
ただ、「一番」って言うとそれ以下の存在を匂わせてしまうじゃないですか。この子が一番でお前らはそれ以下だぞって。それってどうなのかなって。選ばれた側は嬉しいけど、選ばれなかった側のことも考えて欲しいよねえ。わざとやってんならいいけど無意識だったらタチ悪いわー。